向精神薬ゼロを目指して ネットで調べて減薬断薬慎重あるの

向精神薬ゼロを目指して ネットで調べて減薬断薬慎重あるの。7ヶ月間も服薬していれば、充分離脱症状が出る可能性はあります。【至急】精神安定剤の副作用離脱症状ついて質問

長文なります皆様のお力貸ていただけますでょうか

2019年1月ごろ心療内科で安定剤処方され、服用てい
2019年7月中旬、薬剤師さん副作用出た場合すぐ先生連絡、言われていた症状認められ

先生相談たころ、服用中止、容量多くない止めて問題ないず言われ、代替の薬の処方ありませんでた

数日、副作用されていた症状収まり離脱症状見られるのひどく、どうたのか困って

知り合い紹介された病院であく食事療法中心いうこでいった薬の処方いただけませんでた

〈処方されていた薬〉
炭酸リチウム錠 200mg
バルプロ酸Na徐放錠 200mg
セルトラリン錠 100mg いずれ1日1回 帰宅後服用

〈見られた副作用〉
手元や腕の震え
頻尿(夜中複数回眼覚める)
生理不順、夏バテのような症状

〈服用中止後の症状〉
激いめまい(立っていて、歩いていて視界ブレる、ふらつく)
睡眠浅い、入眠困難、起きられない
喉のつかえるような違和感
めまいあり注意力散漫、集中力続かない
食欲不振
後頭神経痛

〈補足〉
本来見ていただいていた先生かかるべきなのか思
、ネットで調べて「減薬、断薬慎重」あるの突然断薬、言われ、代替薬の処方なかったこ、副作用出ているかかわらず、初診副作用出た後一切血液検査指摘なければようなかったこで、先生への不信感

どうぞ、よろくお願い致ます 向精神薬ゼロを目指して。メイラックス断薬から年経っていますが。当初からの症状である。ふらつきと
筋肉のこわばりは依然あります。 ジェイゾロフトの減薬は遅々として進まず。
現在 。%でステイ中です。 振り返ってみると

自力で減薬→病院難民→診断やり直し→方針決定までの長い道のり。ノンフィクション作家の上原善広さん。実は長年に渡り心療内科に通い。大量に
服薬していました。しかし一向に症状は改善せず。服薬を続けることに疑問を
抱き減薬?断薬を決意。本連載ではその一部始終をお届けします。

7ヶ月間も服薬していれば、充分離脱症状が出る可能性はあります。私事ですが、4件通った病院の内、薬に離脱作用がある事を認めてくれたのは、今通院している病院だけです。それだけ、医者側は、離脱症状を認めようとしません。お住いの地域の保健所に電話相談をすれば、評判の良い病院を教えてくれます。急いで問い合わせてみてください。また、断薬後の症状ですが、本当に離脱症状だけでしょうか?1月から通っていた病院では、メンタルケアなど、精神が不安定にならない様にするための支援などは、受けられていましたか?お薬だけポンと出されていたのなら、根本的な治療をしてくれる気は無かったのだと思います。一刻も早く苦痛を取り除くために、自分に合う病院を探してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です