生活保護制度 1年金含めたあらゆる事利用た上で足りない分

生活保護制度 1年金含めたあらゆる事利用た上で足りない分。医師が見込みがないというのであればそうなんでしょうCWは間違っています要するに障害者加算がストップされそうだから、自分に都合の良い話しが欲しいだけやん。生活保護での精神の障害年金の申請ついて、詳い方 CW障害年金受給出来る思うので医師確認ておいて下さい言われ 医師確認する、通る見込み無い(可能性極端低い)言われ で申請なければならないのでょうか 現状や気なる点まめます、 1、年金含めたあらゆる事利用た上で、足りない分生活保護で賄ういう制度だった思うので可能性低くてなければならないのでょうか 2、2級の手帳取得て、CW障害年金受けられる思うので調べて起きます言われて6年ぐらい放置されて そて最近、改めて言われ 必ず申請必要なら年放置ないでょう、辺りどうなってるのか気なって 3、自身全く調べて無いので、病状以外の年金納めていた期間等で受給資格有るのかよくわかっていません 調べて、書類集めて、記入て提出するいうの大変そうで、体調よくない今する事で悪化する可能性有ります 4、福祉関係かなり改悪されたそうで、今受けられてた人除外されるようなったいうのニュースでみ 生活保護や精神関連での記事で無かった、全く無関係でない思 5、昔作った法律現代社会無理やり当て嵌めて、自治体単位で言う事真逆なっていたり、CWよって違う事多い そて人ミスたり間違えたりするの CW自身の横領や死体遺棄など犯罪者いてます らふまえて、気なっているの こんな状態で必ず年金申請なければならないのでょうか なくて構わなくなる方法無いでょうか (ストレス病状悪化繋る可能性有ります) 今ついてる障害加算申請ない場合継続なのか、取り消なるのでょうか 5書いてる事繋る思、本やネットで調べての場合ケース適用されるのかなど全くわかりませんでた 最終的、CW確認なる思CW間違えた案内する可能性有るので体験談聞かせて頂きたい思い 乱筆乱文でわかり難くてすみません 教科書通りの解答で1で終わり、だ2の説明付きません結局5繋ります ケースバイケースでこんな対応なりいう体験談聞かせて下さい よろくお願い致ます 生活保護を受ける条件を徹底解説。無職や低収入で生活費が足りないことから生活保護の申請を検討していて。自分
が受給できるのか心配な人は多いの受給できる生活扶助の他に。家賃の支払い
に利用できる住宅扶助や出産時に必要な費用を賄える出産扶助などがあります。
さらに妊娠した人や障害手帳?級に該当する場合など。状況によっては生活
保護費を加算してもらえるので他の収入には給料の他にも給付金や年金などが
含まれるので。合算した金額を差し引いたうえで自分が生活保護を

生活保護制度。生活保護制度とは。生活に困窮した方に対して住まいや生活。医療や介護など。
必要最低限の費用を公的に支出する制度です。利用の要件 生活保護制度は。
生活に困っている人であれば誰でも申請できます注。今現在の仕事や住まい
。借金の有無注。ここでいう「世帯」とは。同じ住居に一緒に生活していて
「生計を一にしている」ことをあらわします。友人宅への居候などは同じ住居に
住んでいても「生計を一にしている」とはいえないので。同一世帯とは言えませ
ん。OPINION基礎年金と生活保護の一体的な論議を。生活保護の制度というのは今までほとんど議論されたことがないのですね。公
的年金制度現役時代の収入に見合った保険料の納付実績に応じた年金を。受給
時の個々の生活状況にかかわりなく期の基礎的な消費支出を賄うことを目的と
する基礎年金は。その目的が生活保護と近接しており。社会保障制度の一体的
給付に際しては。預貯金。保険。不動産等の資産調査を受けなければならない。

医師が見込みがないというのであればそうなんでしょうCWは間違っています要するに障害者加算がストップされそうだから、自分に都合の良い話しが欲しいだけやん!回答してくれた意見を素直にきいてみたら?屁理屈ばっかり言ってないで。自分で正誤の判断も出来ない人が他人の体験談の正誤は判断できるの?CWが悪いだの医者がこう言ったからとか、他人のせいにしか出来ないのに。ケースワーカーをCWと訳してる時点で障害持っているとは思えません。生活保護費は他方優先ですから他に請求できたり支給される可能性があるなら請求しなければならないです。それは支給されない可能性が高くても不支給の決定が必要だということです。生活保護費受給者の義務ですよ。指示に従わないとか何れ保護費停止や廃止にもつながるものです。医者が『通る見込みはない』と言っても申請できる状況なのであれば指示に従うべきですね。生活保護を受けている障害者にとっては、全国共通の事項ですよ。もし、年金未納による申請不可なのであればCW 側も2度と言ってこないでしょうが、申請が出来たものの不受給になった場合は、定期的に促されることになるのも仕方ないかと。①支給するかどうか決めるのは年金機構です。主治医の意見は関係ありません。支給の可能性がゼロで無い限り、申請しなくてはなりません。②本来は最初に言われた時点であなた自身が動いて申請の準備をしなくては成らないのです。CWも異動もあり、多くの案件があるので後回しになることがあります。今回、指示されたのならそれに従ってください。本来最初に言われた時点で申請していないので、障害者加算が停止されていてもおかしくないのですから、むしろ、CWに感謝すべきです。③そう思うならお金はかかるが社労士に頼むとか、ご家族に協力していただくとか方法はあるはずです。このような言い訳は通用しません。④何も変わっていません。認定基準、納付要件を満たしている人は支給されます。本来、支給れないのに支給されている人が、認定基準をきちんと適用した結果支給がストップしただけであなたが言う改悪ではありません。逆に本来支給されるべきなのに支給されていないかたが支給されるケースもあります。⑤生活保護と要害年金の関係に付いては現代でも何の問題もありません。横領や死体遺棄など何の関係もありません。以上の事からも支給の可能性がゼロではないので申請しなくてはなりません。支給するかどうか決めるのは年金機構であってあなたの主治医には何の決定権もありませんから、CWに主治医が???。と言っても無駄です。診断書の無駄!しないほうが良いお金が貰えるのは役所!没収されるだけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です